サドルカバー・かごカバー・ランドセルカバーなどのカバー専門店/自転車の椅子にかぶせるおしゃれでかわいいサドルカバー「チャリCAP」、ランドセルカバー「らんらんCAP」を販売しています

サドルカバー・かごカバーのカバー専門店/自転車の椅子にかぶせるおしゃれでかわいいサドルカバー「チャリCAP」や前かごカバーを販売するえーるどっとこむ

えーるどっとこむ オリジナルサドルカバーのOEM承ります。小ロット対応 サドルカバーチャリCAPの取扱店を募集しています

 

ご決済手続き・ご入金くださったお客様につきましては2営業日以内に発送いたします!(在庫のある商品のみ)

サドルカバーのチャリCAPを販売する株式会社エールの真鍋聖司をご紹介

メディア掲載情報:テレビや新聞に株式会社エールの各種カバーが取り上げられました!

商品カテゴリ

サドルカバーのチャリCAPが大山崎の新名物になりました

サドルカバーのチャリCAPを販売する株式会社エールの真鍋聖司をご紹介

HOME»  ブログ»  校長のメルマガ

校長のメルマガ

校長のメルマガ NEWS
  • 件 (全件)
  • 1

【校長のメルマガvol.04】怪しい台湾人との出会い!後編

こんにちは。

校長の真鍋聖司です。



皆さん、ステキなお正月をお過ごしになられましたか?

今年は戌年ですね。

お互いにワンダフルな1年になりますように!

エール一同、祈っております。



僕は元旦に家族で奈良の東大寺に行ってきました。

6年ぶりに大仏様を見たのですが、やっぱりナンバーワンです。

しつこいですね……。




それと近くの奈良公園に行ったのですが、鹿、増えてません?

(ご存知の方は教えてください)


というのも、鹿せんべいの売店(約10枚で150円)も確実に増えてる気がしまし
た。



鹿が1日に食べる草は約5キロなので、米ぬかと小麦粉のみで作られた栄養価の高い

せんべいですが、何十枚食べても鹿にとってはおやつみたいなものだそうです。

確かにずっと食べてたので売店も羨ましいなぁ~(笑)





それでは今回もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。



怪しい台湾人、蔡士琳氏のはからいで、台湾サイクルショーに行けることになり、

生まれて初めて台湾を訪れました。


台北の桃園空港に到着し、ドキドキしながら出国ゲートをくぐると、

満面の笑みを浮かべた蔡氏が僕の名前のプラカードを掲げて待っているではありませんか!

「マナベさん! よく来たね! 待ってたよ!! 僕の車へどうぞ」

凄く不安だった気持ちが一瞬で安心感に変わりました。


蔡氏の自家用車に乗り込み、色々と話しを聞いてると

蔡氏のことが少しずつわかってきました。


台中に住んでいて、2時間半かけて台北の桃園空港まで迎えに来てくれたこと。

僕と同じ年齢で、2人のお子さん(息子と娘)がいること。

誕生日は僕と2日違いだということ(僕12月24日、蔡氏12月22日)

さらに2年前に独立したばかりだということ。


安心感は共感に変わっていきました。


台中に着いたときはすっかり夜。

2人でご飯を食べ、ホテルに向かおうとしたところ

蔡さんが「今晩は私の家に泊まればいい!」と申し出てくれました。

まだ2回しか会っていない僕に、実家で泊まれと言ってくれた蔡さんに感動してしまいました。


こんな良い人が、スパイのはずがない!

「お家の人は大丈夫なの?」と尋ねると

「真鍋さんことは話をしてるので、みんな大歓迎です!」

今まで疑っていた自分を恥じつつ、お言葉に甘えて泊まらせてもらうことにしました。

ただ、財布とパスポートはカバンの奥にそっと忍ばせて……。



家族のみなさんは本当に良い方々で、僕を大歓迎してくれました。

お酒の強い蔡さんと、台湾老酒(ラオチュウ)を何度も酌み交わしました。


翌日はいよいよ台湾のサイクルショーへ。

財布とパスポートはもちろん無事でした。

最高の気分で、蔡さんと会場に向かいました。

巨大な会場と、見たことのないクロスバイクなどの展示に終始感動。


台湾には2泊3日滞在しましたが、蔡さんは3日間、

僕から片時も離れることなく、付き添ってくれました。

昼間は通訳として、夜は話し相手として。

独立したばかりで、まだまだ大変な時期にもかかわらず……。


彼に悪意がないことはわかっていたものの、ここまでしてくれる理由がわからない。

疑問に思った僕は、思い切って聞いてみました。

「蔡さん、なんで知り合ったばかりの僕のために、ここまでしてくれるの?」

「東京の展示会で初めて名刺交換したときに、何か運命を感じたからよ」



その時ふと、30年前の出来事を思い出しました。

当時14歳だった僕は、海外旅行を趣味としていた祖父母に次のように質問しました(決してお金持ちの家系ではご
ざいません)。

「今まで旅行したなかで、どこが一番良かった?」

「やっぱり台湾」

「なんで?」

「人も料理も、街の雰囲気も、一番良かったから!」


ひょっとすると、蔡さんと僕を引き合わせてくれたのは、天国にいる祖父母かもしれない!

そう考えると、蔡さんを他人とは思えなくなっていました。



最終日、僕と蔡さんは、空港で今後の仕事について話していました。

サドルカバーの今後のこと、新商品のアイディア、3年後、5年後、10年後のビジョン……熱く語り合いました。


いよいよ搭乗時間が近づいたとき、僕は蔡さんの手をしっかりと握り、

「蔡さんを信じて、これから一緒に仕事をしていきたい。

僕は絶対に蔡さんを裏切らない。だから、蔡さんも裏切らないでね」と伝えました。

すると蔡さんは

「謝謝! 謝謝! ありがとう!! 真鍋さんを裏切ることは絶対にしません! もししたら切腹します!」

と言い切ってくれました。

搭乗ゲートに向かう僕の姿が見えなくなるまで、手を振ってくれた蔡さん。

もう一方の手で目を覆っていた姿を、生涯忘れることはないでしょう。

あれから6年、蔡さんは僕にとって、エールにとって、最高のパートナーであり、運命の人です。




最後まで読んでいただきありがとうございました。


 

2018-01-10 00:31:43

コメント(0)

2018年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のお引き立てを賜り深くお礼申し上げます。
2018年が笑顔あふれる素晴らしい年となりますようお祈り申し上げます。

おかげさまで弊社は今年創業12周年を迎えます。
これもひとえに皆様のご支援とご指導の賜物と感謝しています。

この1年を振り返ってみると継続することの大変さと大切さを
改めて感じた年だったように思います。

「やりたいと思う人、1万人。始める人、100人。やり続ける人、1人。」

最近一番心に残っている言葉です。

エールの今年のコンセプトは「攻」です。

継続するためにも、変わらないためにも、
変わり続けて参ります。

お客様に真に必要とされてて、
真の商いができるよう誠心誠意努力いたす所存でございます。

本年も変わらぬお引き立てのほど
よろしくお願い申し上げます。

2018年元旦

株式会社エール
代表取締役 真鍋聖司

2018-01-01 11:29:09

コメント(0)

【校長のメルマガvol.3】怪しい台湾人との出会い!前編

こんにちは。校長の真鍋聖司です。

エールでは、12月中旬からインフルエンザが大流行しています。

皆さまも手洗い・うがいをマメにしてしてくださいネ!


因みに僕は、生まれてから43年間、インフルエンザにかかったことがありません。

予防接種を受けたこともありません。


健康な体に産んでくれた両親にはとても感謝しています。

しかし、一つだけ人と違うのかなぁ?と思うことがあります。


それは、冷たいアイスクリームやかき氷をガツガツ口へ放り込んでも、

頭キーン!になったことがないのです。


インフルエンザも頭キーンの経験もないので

「普通の人間なんかなぁ~?」と自問自答する今日このごろです。

でも、10年に一度は風邪を引きますので、引かないでくださいね(笑)


それでは、今回もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

タイトルは「怪しい台湾人との出会い!前編」です。



前回少し触れましたように、エールの商品の大半は台湾で生産しています。

台湾で生産をはじめて、2017年で6年になりました。

そもそもなぜ台湾なのか?

それは、タイトルにもある「怪しい台湾人」との出会いがきっかけでした。



6年前の2011年、東京ビックサイトの展示会にエールが初めて出展し、

サドルカバーチャリCAPを展示したたときのことです。


 





(一部怪しいサドルカバーもありますが、お気になさらないでください)




 

僕がお客様のお相手を一生懸命していると、背後から

「ごめんね、ちょっとちょっと!」

と片言の日本語で話しかけられました。

驚いて振り向くと、うす暗いサングラスをかけた胡散臭すぎる人物が立っています。

突然の出来事で、うまく対応できずにいると、

「台湾でサドルカバーを作らないなら、帰るよ!」

と、大声を出すではありませんか。

何がなんだか理解できません。


僕のことなどをお構いなしに、彼は続けます。

「サドルカバー、台湾で作れるね。

一緒にサドルカバーをつくる。

つくったら世界に広めてあげましょ!

だから展示してるサドルカバーを必ず1枚くれ!

名刺も1枚くれ!!」



確かに、展示会場には海外の方をはじめ、いろいろな方が来場されています。

でも、サングラスをかけて「必ずサンプルを一枚くれ」と一方的にまくし立てる彼の第一印象は、

スパイ!?

エールのサドルカバーチャリCAPの生産ノウハウを盗み、

コピー商品をつくろうと画策している悪徳中国業者に違いない!と確信しました。


こんな人に関わっていられない。

軽くあしらってお客様のところに戻ろうとすると、

彼は僕を引き止め、片言の日本語で熱心に何かを話し続けてきます。


これではせっかく商談が台無しになってしまう。

僕は、厄介払いをかねて、貴重なサンプルと名刺をしぶしぶ渡しました。

サンプルを受け取った彼は不敵な笑みを浮かべ、自分の名刺を差し出すと、

足早に人混みの中へ消えていきました。


名刺には、台湾の住所と「蔡 士琳(サイ シリン)」の名が。

なんや台湾のスパイか!


展示会が終わり、2カ月ほどたった頃。

台湾で最大級の自転車展示会が開催されることを知りました。

サドルカバーチャリCAPの拡販に奔走していた僕は、ぜひ出席したいと考えました。

とはいうものの、言葉がまったくわからないうえに、行ったこともない台湾。

こりゃダメだ、と半ば諦めかけていたとき、

唯一知っている台湾人「蔡 士琳」のことを思い出してしまいました。


「なんでアイツやねん!」と自分にツッコミつつも、

彼の名刺を机の奥から引っ張り出し、記載さいれたメールアドレスにメールを送りました。



翌日、次のような返信が来ていました。

「ごめんね、その日は大阪にアニメの展示会を見に行くので、ムリ! 蔡 士琳」


たった1行…。

あの、スパイ野郎!


台湾行きをすっかり諦めた僕は、サドルカバーチャリCAPの営業に文字通り東奔西走していました。

忙しく飛び込み営業を続けていると、携帯に見知らぬ番号から着信が。

「あー、蔡だよ。

大阪のアニメ展示会、行くのヤメた。

航空券、ホテル、全部キャンセルしたのね。

あなた台湾の自転車ショー行きたいね。

私、あなたを案内してあげるよ」


キャンセルだって? ますます怪しいと思ったものの、

わざわざ海外から電話してくれた行為に感謝し

「ありがとう! お言葉に甘えます」と返答。

台湾行きを即決してしまったのでした。



初めての台湾出張2泊3日の始まりとなるわけですが、

続きは、次回の後編で。


 

2017-12-19 23:52:34

コメント(0)

【校長のメルマガvol.2】校長、台湾工場に行く!

こんにちは! 校長の真鍋聖司です。



さすがに12月にも入ると冬本番の寒さですね。

風邪などは引かれてませんか?

皆さまも体調にはくれぐれも気を付けてください。



それでは2回目のメルマガを書かせていただきますので

今回もお付き合いいただければ嬉しいです。




実は先週の1週間は、ずっと台湾にいました。

エールの商品を作ってくれてる台湾工場へ新商品の開発&検品で。



29日に台北の桃園空港に着くと、なんと冷房が効いてるではあ~りませんか!

そうなんです、台湾はこの時期でも平均温度が25℃前後なんです。

現地の半分以上の人は、もちろん半袖で生活してます。

そんな台湾にもまもなく暖かいクリスマスがやってきます・・。

面白いもんですね、

関西空港からたったの2時間半で世界がこんなに変わるなんて・・校長もびっくりで
す。






台湾は日本の九州とほぼ同じ大きさになります。

工場は台中(タイチュウ)にあり、台湾の真ん中になります。

エールの商品のほとんどはメイドインTAIWANです。





台湾で生産して6年目になり、今回でちょうど20回目の訪問となります。

人も街もご飯も最高です! 本当に素敵な国なので皆さまも機会があれば

ぜひ行っていただきたい国です。



ところでなぜ、台湾で作ることになったのか?

その感動秘話は次回に語らせていただくことにします。





さて今回はエールのイチオシ商品をご紹介をさせて下さい。

それは「透明&デザインのリバーシブル らんらんCAP」です。

今までありそうでなかったランドセルカバーになります。



この商品は、お買い上げいただいたお客様からの
次のような感想から生まれた商品です。


「両面デザイン入りのランドセルカバー(リバーシブルランドセルカバーについてはコチラ)はすごく可愛いけれど、

一年生の子を持つ私には少し残念です……」と。



なぜ? 残念に思われたのか、お聞きさせてもらいました。

すると、

「せっかくおばあちゃんに買ってもらったランドセルなのに

カバーを付けたら色や刺繍の入ったデザインが隠れてしまうのでおばあちゃんに申し
訳ない。

でも、子どもはデザイン入りのカバーが気に入っています」。


目から鱗でした……。

良かれと思って作ってたランドセルカバーが、おばあちゃんに申し訳ないことをしてし
まった。

ラ~ンラン♪と楽しく学校に通っていただけるために作ったらんらんCAPが(泣)



確かに今までにお買い上げいただいた、

らんらんCAPが、2年生~5年生の方に多くご利用いただいてるという事実も判明しま
した。



1年生のお子さま、親御さま、ご祖母さま、ご祖父さま、

みんなに喜んでいただけるらんらんCAPを作ろう!と社内で一致団結してから1年半~。

色々と試行錯誤してようやく完成しました。↓




(実用新案申請中)


特殊な材料を混合して柔らかい透明生地を開発しました。

柔らかいだけでなく、強くてタフなのが特徴です。

割れない、破れない、紫外線にも強い!

カバーの専門メーカー・エールが太鼓判を押す「極上のらんらんCAP」の完成です。



さらに、-20℃の冷凍庫に一週間入れたあとも、全く凍ることも硬くなることもない
ので

もし、北極や南極に引っ越されることになってもご安心ください(笑)




「透明&デザインのリバーシブル らんらんCAP」は現在、正式発売に向けて最終調整に入っています。

正式な発売日が決定しましたら、改めてご報告させていただきます。

ぜひ楽しみに待っておいてください。



今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!

次回は台湾工場社長との出会いの感動秘話?をお話させていただきます。



それではまた。




エール公式ショップ えーるどっとこむ
http://aile-jpn.com/

2017-12-06 20:07:51

コメント(0)

【校長のメルマガvol.1】いつも心に太陽を!!

(※当ブログ記事は会員様向けに配信しているメルマガを掲載させていただいております。)


こんにちは!

カバーの専門メーカー 株式会社エールの代表こと、
校長の真鍋聖司(マナベ セイジ)と申します。

日頃よりエール製品をご利用いただき、誠にありがとうございます!!





メルマガvol.1ですので、まずは株式会社エールの名前の由来からご紹介させてください。


「エール」というのはフランス語で「AILE」と書き、「翼」とか「羽ばたく」などの意味があります。

大学ではフランス語を選考してまして。

まあボンジュールしか覚えてませんが……。


そして、「マナべ」と「エール」で「マナベール(生涯初心の気持ちを忘れずに)」。


最後に、「いつか皆さんにエールを送れる存在でありたい」という想いを込めて命名しました。


では、なぜ「校長」かと言いますとエールは「おとなの学校」だと考えているからです。


働いてくれるメンバーにとって、
会社が楽しく、人としても成長していける場だと心から思えるような職場づくりを
本気で築き上げたいと考えてます。

まだまだ遠い道のりですが……。


そんなメンバーが楽しくワクワク仕事をすることによって生まれたアイテムでないと
皆さまにも笑顔を届けられないと思っています。

忙しい日々の中、一人でも多くの方に、エールのカバーを使っていただき
「少しでも心が軽くなって、笑顔になってもらいたい!」
「カバーを通じて、世に笑エール仲間を増やしたい!」という
2つの願いを込めてこのメルマガを立ち上げさせていただきました。


本当に、人生って自分の思い描いた通りになるんだなと、最近つくづく実感してます。

ダメと思ったらダメな結果やし、できると思ってやったらできるもんなんですよね。

確かに、人生ってびっくりするぐらい色々ありますが、
お互いに必ず前向きに笑顔で過ごしましょう!

そう「いつも心に太陽を!」です。


そんな校長こと真鍋聖司は、来月の2017年12月24日で44歳になります。

そうなんです。

聖司の「聖」は聖夜に生まれたからなんです。

では「司」はというと、
親父が好きだったスナックの名前が司(ツカサ)だったから。

すごい組み合わせですよね(笑)


ちなみに、弟の名前は英司(エイジ)。

しっかり司の一文字が刻まれています。


どんだけスナック司が好きやねん!という声が聞こえてきそうですが、
スナック司LOVEの父親は、私が社会人になったときに自己破産し
今はどこにいるのかもわからないんですけどね……。


こんな私ですが
これからも末永いお付き合いよろしくお願いいたします。


だいたい10日に1回くらいのペースで
アップする予定ですが、出来ない場合はお許しあれ(>_<)

次回はエール一押しの新商品「世界初のランドセルカバー」をご紹介させて下さい!

きっと気に入っていただけるはず!!

それではまた!



エール公式ショップ えーるどっとこむ
http://aile-jpn.com/

2017-11-27 21:40:42

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1