サドルカバー・かごカバー・ランドセルカバーなどのカバー専門店/自転車の椅子にかぶせるおしゃれでかわいいサドルカバー「チャリCAP」、ランドセルカバー「らんらんCAP」を販売しています

サドルカバー・かごカバーのカバー専門店/自転車の椅子にかぶせるおしゃれでかわいいサドルカバー「チャリCAP」や前かごカバーを販売するえーるどっとこむ

えーるどっとこむ オリジナルサドルカバーのOEM承ります。小ロット対応 サドルカバーチャリCAPの取扱店を募集しています

 

ご決済手続き・ご入金くださったお客様につきましては2営業日以内に発送いたします!(在庫のある商品のみ)

サドルカバーのチャリCAPを販売する株式会社エールの真鍋聖司をご紹介

メディア掲載情報:テレビや新聞に株式会社エールの各種カバーが取り上げられました!

商品カテゴリ

サドルカバーのチャリCAPが大山崎の新名物になりました

サドルカバーのチャリCAPを販売する株式会社エールの真鍋聖司をご紹介

HOME»  ブログ»  校長のメルマガ»  【校長のメルマガvol.2】校長、台湾工場に行く!

【校長のメルマガvol.2】校長、台湾工場に行く!

【校長のメルマガvol.2】校長、台湾工場に行く!

こんにちは! 校長の真鍋聖司です。



さすがに12月にも入ると冬本番の寒さですね。

風邪などは引かれてませんか?

皆さまも体調にはくれぐれも気を付けてください。



それでは2回目のメルマガを書かせていただきますので

今回もお付き合いいただければ嬉しいです。




実は先週の1週間は、ずっと台湾にいました。

エールの商品を作ってくれてる台湾工場へ新商品の開発&検品で。



29日に台北の桃園空港に着くと、なんと冷房が効いてるではあ~りませんか!

そうなんです、台湾はこの時期でも平均温度が25℃前後なんです。

現地の半分以上の人は、もちろん半袖で生活してます。

そんな台湾にもまもなく暖かいクリスマスがやってきます・・。

面白いもんですね、

関西空港からたったの2時間半で世界がこんなに変わるなんて・・校長もびっくりで
す。






台湾は日本の九州とほぼ同じ大きさになります。

工場は台中(タイチュウ)にあり、台湾の真ん中になります。

エールの商品のほとんどはメイドインTAIWANです。





台湾で生産して6年目になり、今回でちょうど20回目の訪問となります。

人も街もご飯も最高です! 本当に素敵な国なので皆さまも機会があれば

ぜひ行っていただきたい国です。



ところでなぜ、台湾で作ることになったのか?

その感動秘話は次回に語らせていただくことにします。





さて今回はエールのイチオシ商品をご紹介をさせて下さい。

それは「透明&デザインのリバーシブル らんらんCAP」です。

今までありそうでなかったランドセルカバーになります。



この商品は、お買い上げいただいたお客様からの
次のような感想から生まれた商品です。


「両面デザイン入りのランドセルカバー(リバーシブルランドセルカバーについてはコチラ)はすごく可愛いけれど、

一年生の子を持つ私には少し残念です……」と。



なぜ? 残念に思われたのか、お聞きさせてもらいました。

すると、

「せっかくおばあちゃんに買ってもらったランドセルなのに

カバーを付けたら色や刺繍の入ったデザインが隠れてしまうのでおばあちゃんに申し
訳ない。

でも、子どもはデザイン入りのカバーが気に入っています」。


目から鱗でした……。

良かれと思って作ってたランドセルカバーが、おばあちゃんに申し訳ないことをしてし
まった。

ラ~ンラン♪と楽しく学校に通っていただけるために作ったらんらんCAPが(泣)



確かに今までにお買い上げいただいた、

らんらんCAPが、2年生~5年生の方に多くご利用いただいてるという事実も判明しま
した。



1年生のお子さま、親御さま、ご祖母さま、ご祖父さま、

みんなに喜んでいただけるらんらんCAPを作ろう!と社内で一致団結してから1年半~。

色々と試行錯誤してようやく完成しました。↓




(実用新案申請中)


特殊な材料を混合して柔らかい透明生地を開発しました。

柔らかいだけでなく、強くてタフなのが特徴です。

割れない、破れない、紫外線にも強い!

カバーの専門メーカー・エールが太鼓判を押す「極上のらんらんCAP」の完成です。



さらに、-20℃の冷凍庫に一週間入れたあとも、全く凍ることも硬くなることもない
ので

もし、北極や南極に引っ越されることになってもご安心ください(笑)




「透明&デザインのリバーシブル らんらんCAP」は現在、正式発売に向けて最終調整に入っています。

正式な発売日が決定しましたら、改めてご報告させていただきます。

ぜひ楽しみに待っておいてください。



今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!

次回は台湾工場社長との出会いの感動秘話?をお話させていただきます。



それではまた。




エール公式ショップ えーるどっとこむ
http://aile-jpn.com/

2017-12-06 20:07:51

校長のメルマガ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント