サドルカバー・かごカバー・ランドセルカバーなどのカバー専門店/自転車の椅子にかぶせるおしゃれでかわいいサドルカバー「チャリCAP」、ランドセルカバー「らんらんCAP」を販売しています

サドルカバー・かごカバーのカバー専門店/自転車の椅子にかぶせるおしゃれでかわいいサドルカバー「チャリCAP」や前かごカバーを販売するえーるどっとこむ

えーるどっとこむ オリジナルサドルカバーのOEM承ります。小ロット対応 サドルカバーチャリCAPの取扱店を募集しています

 

ご決済手続き・ご入金くださったお客様につきましては2営業日以内に発送いたします!(在庫のある商品のみ)

CAPLET’sは株式会社エールがつくっているカバー製品のブランド名です。

 
サドルカバーのチャリCAPを販売する株式会社エールの真鍋聖司をご紹介

メディア掲載情報:テレビや新聞に株式会社エールの各種カバーが取り上げられました!

商品カテゴリ

サドルカバーのチャリCAPが大山崎の新名物になりました

サドルカバーのチャリCAPを販売する株式会社エールの真鍋聖司をご紹介

HOME»  自転車保険って何?最近話題の自転車保険を調べてみました

自転車保険って何? 最近話題の自転車保険を調べてみました


自転車人気があいかわらず高いようです。

自転車の関連商品を販売している弊社にとっては、うれしい限りです。
 
自転車産業振興協会によれば、2011年4月〜6月の国内出荷台数は前年同期比で118%増と大きく増えています。
そうした自転車人気が高まる一方で、増えているのが自転車による事故です。
 
「自転車が第一当事者(事故における過失の重い者、過失が同程度の場合には負傷程度が軽い者)となった割合」だけ見ると、過去10年間で2.5%から15.6%と6倍以上に増えているから驚きです。
こうした背景から、自転車は「車両」と定義されました。その結果、自転車は「車道を走ること」などの通達が警察庁から出されています。
 
自転車事故というと、車に比べて軽いというイメージがあるかもしれませんが、さまざまな事故があります。
 
重い例では、自転車で死亡事故を起こした自転車の運転者に5000万円を超える賠償金を命じる判決がありました。

小学5年生が高齢の女性に衝突した事故では、小学生の母親に9500円もの賠償を命じた驚愕の判決があったのは記憶にあたらしいところえす。
追突された女性はいまだに意識不明の重体とのことです。
 
私も普段自転車を運転していますが、ヒヤリとした経験が何度もあります。
人ごととは思えない事件です。

もはや自転車は手軽に乗れる乗り物ではなく、「車」であるという意識をしっかりともって乗る必要がありますね。
 
こうした事故が増加するなかで注文を集めているのが自転車保険です。
 

自転車保険には2種類あります

自転車保険といっても、次の2種類がセットになっている場合が多いようです。
 

個人賠償責任保険

このタイプの保険は、自転車で人身事故を起こしたり、物損事故を起こしたりして発生した賠償責任の支払いを行う保険です。
ただし、個人賠償責任保険は、自動車保険や火災保険などの特約として用意されていることがよくあります。すでに加入している損害保険に含まれていないかを確認するようにしましょう。
 

傷害保険

このタイプの保険は、歩行中や自転車に乗っているときに、自転車にぶつかって自分が怪我をした場合の支払いをカバーする保険です。
 

個人賠償責任保険がついていない場合は、別の選択肢を考える

加入している損害保険に「個人賠償責任保険」がついていない場合があります。
そんなときには、次の方法が考えられます。
 

今入っている保険商品に「個人賠償責任保険」を特約でプラスする

今入っている保険商品で「個人賠償責任保険」が含まれていない場合には、新たにプラスするといいでしょう。
ただ、注意したいのは、自動車に乗らなくなると自転車の特約もなくなってしまいます。
 

新しく自転車向けの保険に加入する

最近各社から販売されている自転車向けの保険に加入するという方法があります。
自転車保険の内容については、また機会を改めてご説明したいと思います。