サドルカバー・かごカバー・ランドセルカバーなどのカバー専門店/自転車の椅子にかぶせるおしゃれでかわいいサドルカバー「チャリCAP」、ランドセルカバー「らんらんCAP」を販売しています

サドルカバー・かごカバーのカバー専門店/自転車の椅子にかぶせるおしゃれでかわいいサドルカバー「チャリCAP」や前かごカバーを販売するえーるどっとこむ

えーるどっとこむ オリジナルサドルカバーのOEM承ります。小ロット対応 サドルカバーチャリCAPの取扱店を募集しています

 

ご決済手続き・ご入金くださったお客様につきましては2営業日以内に発送いたします!(在庫のある商品のみ)

CAPLET’sは株式会社エールがつくっているカバー製品のブランド名です。

 
サドルカバーのチャリCAPを販売する株式会社エールの真鍋聖司をご紹介

メディア掲載情報:テレビや新聞に株式会社エールの各種カバーが取り上げられました!

商品カテゴリ

サドルカバーのチャリCAPが大山崎の新名物になりました

サドルカバーのチャリCAPを販売する株式会社エールの真鍋聖司をご紹介

HOME»  女の子用ランドセルカバー選び方は?

ランドセルカバーが人気です。
毎年、さまざまなデザインのランドセルカバーが登場して、選ぶ側としては楽しい限りです。
でも、あまりにもランドセルカバーの種類が多くなると、迷ってしまいますよね。
ランドセルの平均価格は2016年には6万円と、ますます高額になっています。
高級ブランドのランドセルになれば、10万円を超えるランドセルもあるほどです。
なかでも、女の子用のランドセルは、バラエティーに富んでいます。
色・カラーバリエーションはもちろんのこと、刺繍、ラインストーンなど、豪華な装飾を施したランドセルが次々に登場しています。

ランドセルのもつ良さを引き出す透明のランドセルカバー

先程も触れたように、ランドセルは平均価格が6万円と非常に高価であり、ランドセルは6年間使う大切なもの。
これほど高価なランドセルであることに加えて、長く使うものだけに、傷をつけずにキレイに使いたいという思いから、ランドセルカバーを使う人がますます増えているんですね。
フォルムやデザイン、カラーが気に入って買ったランドセル。
こうしたフォルムやデザイン、カラーをそのまま活かしながらも、ランドセルをしっかり保護するうえで役立つのが、「透明タイプのランドセルカバー」です。


写真はAmazon

透明ランドセルカバーなら、ランドセル自体がもつフォルムやデザイン、カラーをそのまま活かせる

透明ランドセルカバーは、ランドセルをキズや汚れが守るのが目的。
透明であるため、細かい刺繍やラインストーンといった豪華な装飾をそのまま活かすことができます。
また、ランドセルカバーを選ぶ際に、サイズ以外に悩む必要がないというのも、人気のヒミツのようです。

透明ランドセルカバーに装飾がついたランドセルカバーも

透明ランドセルカバーといっても、全面が透明になっているもの以外に、装飾がついた透明ランドセルカバーも人気です。
女の子用としては、透明タイプのランドセルカバーでありながら、装飾がついたランドセルカバーが人気。
なかには、パーツを組み合わせて自分オリジナルの透明ランドセルカバーがつくれるタイプのランドセルカバーもあります。


写真はAmazon


写真はAmazon

透明ならではのデメリットも

ランドセル本来のデザイン、フォルム、カラーを活かせる透明タイプのランドセルカバーですが、透明ならではのデメリットがあるのも確か。
透明部分は当然、プラスチックでできているため、表面にキズがつきやすく、白っぽくなってしまうからです。
下の画像は、透明ランドセルカバーを使用して半年が経過した様子です。

もともとは透明のランドセルカバーを黒い色の男の子用ランドセルにつけていましたが、いまではすっかり白っぽくなっています。
なんだか、傷だらけのランドセルカバーみたいです。
せっかく透明ランドセルカバーを付けて、ランドセル本来の持ち味を活かしたいと思っていたのに、逆にキズがついたランドセルになってしまっているような……。
耐久性については各社様々でしょうし、ランドセルの扱い方などによってもかわってくるのでしょうが、このような状態になることを考慮したうえで、ご購入を検討されるといいでしょう。

気分を気軽に変えられるデザイン性のあるランドセルカバーが便利

カラー・刺繍・ラインストーンといった豪華なランドセル。
でも、6年間同じランドセルを使うとなると、たまには気分を変えたくなのるが女心というものでしょう。
そんなとき便利なのが、デザイン性のあるランドセルカバーです。
透明タイプとは違って、ランドセルのカブセ部分すべてを包み込むので、ランドセルのデザイン・色などを一新できてます。

年齢による趣味趣向を反映出るのもメリット

低学年のときにとても気に入っていたカラーや刺繍などが、高学年になるにつれて「なんだか恥ずかしい」と思う女の子が増えています。
そうはいっても、高価なランドセルですから、買い換えることなんてできません。
買い換えることはできないけど、デザイン性のランドセルカバーを選べば、ランドセルのデザインをガラリと変えることができるので、年頃の女の子の複雑な気持ちを損なうどころか、逆に、あらためてランドセルに愛着が湧いてきます。
そうなれば学校に通うのも楽しくなりますよね。
デザイン性とバリエーションが豊富なランドセルカバーといえば、エールが展開しているランドセルカバー「らんらんCAP」です。
現在までに19種類のデザインがラインナップされていますし、2016年5月中旬ごろには、ディズニーやリラックマ、すみっこぐらしといった人気キャラクターのランドセルカバーも登場します。
ランドセルを着せ替えて、気分を変えたいというときには、オススメのアイテムです。
ぜひチェックしてみてくださいね。



エール公式オンラインショップ えーるどっとこむ ランドセルカバー







【楽天市場】エール公式 楽天市場店 ランドセルカバー

デザイン性のあるランドセルカバーのデメリット

デザイン性のあるランドセルカバーにはデメリットがあります。
カブセ全体を覆ってしまうため、ランドセル自体もっているカラーや刺繍などが見えなくなること。
また、カブセのみカバーしていることから、カブセ部分以外のカラーとランドセルカバーがマッチしないというケースもあるという点です。
しかし、そのあたりは、オシャレな今時の小学生。
マッチするランドセルカバーをチョイスしてくれることでしょう。