サドルカバー・かごカバー・ランドセルカバーなどのカバー専門店/自転車の椅子にかぶせるおしゃれでかわいいサドルカバー「チャリCAP」、ランドセルカバー「らんらんCAP」を販売しています

サドルカバー・かごカバーのカバー専門店/自転車の椅子にかぶせるおしゃれでかわいいサドルカバー「チャリCAP」や前かごカバーを販売するえーるどっとこむ

えーるどっとこむ オリジナルサドルカバーのOEM承ります。小ロット対応 サドルカバーチャリCAPの取扱店を募集しています

 

ご決済手続き・ご入金くださったお客様につきましては2営業日以内に発送いたします!(在庫のある商品のみ)

サドルカバーのチャリCAPを販売する株式会社エールの真鍋聖司をご紹介

メディア掲載情報:テレビや新聞に株式会社エールの各種カバーが取り上げられました!

商品カテゴリ

サドルカバーのチャリCAPが大山崎の新名物になりました

サドルカバーのチャリCAPを販売する株式会社エールの真鍋聖司をご紹介

HOME»  ランドセルカバーは雨に強いものを選ぶのがポイント

雨で濡れてしまったランドセルをそのままにしておいても大丈夫なのでしょうか。

本革でできているランドセルは水に弱い

本革の特長として、まず一番にあげられるのが「水に弱い」こと。

本革ランドセルの場合、濡れたままにしておくと、ひび割れや変形のつながります。 だから、ランドセルが濡れたら、できるだけ早く、乾いた布でよく拭くようにしましょう。

学校から自宅に帰ったときに、ランドセルが濡れていることに気がつけば、保護者の方がすぐに拭いてあげられます。
でも、登校時に雨でランドセルが濡れてしまった場合はどうでしょうか。

登校時に濡れたランドセルは長時間放置されたまま

お子様に「雨に濡れたらランドセルをしっかり拭くのよ」と言い聞かせておくだけで安心ですか?
私の子ども時代のことを考えると、学校につくとすぐに濡れたランドセルのことなど忘れて、お友達と遊んでしまっているのではないでしょうか。

登校時に濡れたということは、夕方の下校時間までほったらかしです。
8時から3時まで放置したとして5時間も、濡れたまま放置されていると考えると、ランドセルへの影響は計り知れないものがあります。
まして、最近は中国を原因とする大気汚染が深刻で、酸性雨も非常に心配です。

本革に酸性雨が当たると変色が起こす

酸性雨が大理石を溶かすことは有名な話ですが、影響は大理石にとどまりません。
本革も酸性雨には弱く、変色の原因になることがわかっています。
本革製のランドセルも酸性雨は大敵です。

6年間、大切にキレイに使うなら、ランドセルを酸性雨には、さらしたくないですよね。
そんなときに必須となるのが、雨からランドセルを守るランドセルカバーです。

ランドセルカバーは雨に強いものを

ランドセルカバーの最大の目的といってもいいのが、雨から本革を守ることといってもいいでしょう。
長くキレイに使いたいなら、ランドセルカバーは付けておいたほうがいいです。

ですから、ランドセルカバーのなかでも、雨に強いものを選ぶようにしましょう。
ビニール性なら雨にも強いですね。

はっ水・防水機能を備えたランドセルカバーもオススメです。

はっ水・防水機能を備えたランドセルカバーといえば、カバーの専門メーカー株式会社エールが展開しているランドセルカバー「らんらんCAP」です。

ランドセルカバー「らんらんCAP」は、表面がはっ水仕様、裏面は防水仕様になっているため、雨・酸性雨から大切なランドセルを守ります。

ランドセルカバー「らんらんCAP」洗濯OK!だから色落ちしにくい

カバーが雨に濡れた場合、色落ちなどが心配になるかもしれません。
しかし、エールのランドセルカバー「らんらんCAP」は洗濯Ok!
「一般社団法人 日本繊維製品品質技術センター」で受けた「洗濯試験」結果によると、色落ちの変退色試験、縫い縮みのパッカリング試験でも、5段階評価で4−5という高評価を得ています。

全自動洗濯機で丸洗いできるので、色落ちの心配はありません。
だから、エールのランドセルカバー「らんらんCAP」は、雨にぬれても大丈夫です。
ぜひチェックしてみてくださいね。

ランドセルカバー「らんらんCAP」(はっ水&防水加工済み)で大切なランドセルをしっかりガード
エール公式オンラインショップ えーるどっとこむ ランドセルカバー







【楽天市場】エール公式 楽天市場店 ランドセルカバー